« HOLUBAR(ホルバー)のショート丈ブルゾン | トップページ | 特別なフレグランス »

2012年11月25日 (日)

グローブの使い方

冬のグローブ、男性で持っている方って意外と少ないものです。

なぜなら、『車で移動するし、寒いところを歩かないから必要ない』ため。

マフラーやストールも似た感覚を受ける時があり、ちょっと寂しくなることがあります。

実用性はもちろんそうだけど、マフラーやグローブといったアクセサリー類はそれらが作り上げるコーディネートのアソビ感や仕上げのシメとして使う、見た目的な意義のの方が大きいものです。

だから、最近のファッション誌ではポケットチーフ代わりにグローブを挿していたり、ポケットにグローブを見せて挿していたりますよね

Dsc_0658

Dsc_0665

デニムなどでもちょっとたらしておくだけで、印象がガラリと変わるものです

だから、マフラーやグローブといったアクセサリー類を上手に使いこなせる人はおしゃれに見えるし、ファッション上級者の方が多いです。

モトリッツではこのように実用性だけでなく、見せて楽しめるグローブが入荷しています。

Dsc_0405

ALPO(アルポ)のペッカリードライビンググローブ。

片手にぎゅっと握って歩いているだけでもサマになりますね

サイズ7.5(S)~8.5(L)、23,940円。

Dsc_0415

ALPO(アルポ)、ウール/ラムナッパ切り替えグローブ。

Dsc_0429

カラー ネイビー/ブラウン サイズ7.5(S)~8.5(L) 17,750円。

実用も兼ねたグローブで魅せる、グローブで遊ぶ、ファッションの楽しさの一つですね

|

« HOLUBAR(ホルバー)のショート丈ブルゾン | トップページ | 特別なフレグランス »

ファッション」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。